スポンサーサイト

  • 2017.12.17 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    抽象画にトライ

    • 2014.03.08 Saturday
    • 22:38

    活動が何度か雪でつぶれたなか、スプリングキャンプに向けて『土神と狐』を読んでいます


    活動を始めるまえの雑談タイム
    シンメトリーの話をしたり、レオナルド・ダ・ヴィンチの話をしたり
    ひらがなにはシンメトリーは少ないね
    1+2+3=1×2×3になるね 
    モナリザって実在するの?
    星座の名前考えたーと教えてくれました 『星』座・・・どんな形なんでしょう



    さて今日は『土神と狐』の最初の会話の場面をやりました
    男の子が樺の木役、女の子が狐役で言語発表 面白かったー
    それぞれどんな性格なのか考えて「樺の木は高い声でやってみよう」だとか「狐は背広に赤革の靴はいてる」とか
    「狐は何回も嘘をついたの?」

    言語発表のあと、『葛藤』について考えてみました 
    自分が嘘をついてしまった、これにイラッとした、などを匿名で紙に書いてもらい集めて読む
    「わかる―」「あるねー」  結構みなさん共感してますねえ

    次に土神と樺の木の会話をCDで聞きました
    「泥の底にひきずりこんでやろう」ってすごい言葉 
    土神うるさい、とのご意見も・・・

    最後に絵本の絵のような抽象画を描いてみよう!ということでCDを聴きながら線だけで絵を描きました



    土神と樺の木の会話、狐と樺の木の会話を聞いて自分のフィルターを通して出てくるエネルギーや気持ちを線に乗せて抽象画で描いてみました
    具象画になれてる子どもたちは初めての試みにとまどった様子もあったけど子どもなりに考えて聴覚のように手を動かしていました

    土神・樺の木・狐のそれぞれの捉え方が違っていて面白かったー
    また物語を深く読み解くと違う絵になるんだよね

    葛藤って難しいなあ



    ☆小泉パーティ☆
    活動日: 毎週土曜日
    時間 : 18時〜20時(こども、おとな) 〜21時くらい(おとな)
    場所 : 聖蹟桜ヶ丘駅前、関戸公民館




     

    スポンサーサイト

    • 2017.12.17 Sunday
    • 22:38
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする